ダイビングで出会った生き物とか、アクアリウムとか。
by RENtz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ダイビング
アクアリウム全般
ベタ
クラウン・キリー
Co.ハステータス
レッドビーシュリンプ
レッドチェリーシュリンプ
水草
その他
未分類
以前の記事
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
お気に入りブログ
スモールアクアリューム
Eden in water
Style* a
B-STYLE
cube*grass*
とらねこアクア
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
Bolbi
お魚好きなねこ
With the wat...
surlamer-aqua
麑海暮らし~水面の向こう側へ~
未解決ハリマオーのAQU...
コケシノブログ
It's a small...
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
  <   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
  不調な海
鹿児島から、無事に戻ってまいりましたー♪
何故か両腕ともに筋肉痛。
暴れた覚えもないんだけど...何をやったんでしょう、私。

さてさて、鹿児島はお天気もよろしく日中は暑いくらい。
やっぱ日頃の行いがいいからでしょう!と張り切って潜ってきたんですが...

錦江湾の「西の根」と呼ばれる大好きなポイントは何だか閑散としてるし、楽しみにしてたミジンベニハゼとの逢瀬もままならず。
ちょっと不完全燃焼気味で戻ってまいりました。
あんまり言うと、ガイドさんがヘコむから言いませんけど(笑

まぁ、自然相手なんで会える!と思っても会えない事があるのは当たり前なんで、ミジンベニハゼに関してはあーぁ、ってくらいなんですが(いや、ちょっと脱力したけど。戻りの道は器材が重く感じましたけど。)そんなことよりも「西の根」が。
本来なら、今年生まれたネジリンボウのチビたちが着底する季節なので、そこかしこで10mmくらいのネジリンボウが、これまた小さなテッポウエビとの共生を始める姿を見られるのに。
小さいなネジの傍で、お前はダテハゼか!っていうくらい大きなネジリンボウの成魚がばくばくプランクトンを食べてるのを見ることができるハズなのに。

ネジが1匹も居ません...。
原因不明。

ただ「今年は台風が来ないので泥なんかが動かないんですよね」とおっしゃってたので、そういう加減もあるのかも知れません。
台風が来なかったらサンゴも折れたりしないし、船も陸揚げしなくていいし、いいことづくめよね、と思ってましたが自然はいろんな事に干渉してるものなんですね。
まぁ台風が来ないから、ネジが居ないと言う訳でもないのでしょうけど。
8月半ばに来たときは、いつも通り生き物にあふれるポイントだったんですよー。
何があったんでしょう。(涙

でも錦江湾はネジリンボウだけじゃありませんし。
錦江湾で出会った生き物たち、ちゃんと写真が撮れてる子たちをさらっとご紹介しますね♪

ホシダカラガイ
c0147699_15284369.jpg
タカラガイの一種で、この個体はかなり大きいです。
大人の握りこぶしぐらい。^^
右端に見えるつるりとした面が貝殻で、残りの部分が外套膜(がいとうまく)という貝の中身です。
この外套膜は貝殻全体を包み込み、殻を形成する成分(石灰質か何かみたいです)を分泌、殻を大きくしていきます。
これだけ大きくなろうと思ったらどれくらい年月がかかるのでしょう..。^^;
ちょっと気が遠くなりますね。

お次はかわいいセボシウミタケハゼ
c0147699_15285647.jpg
体長さ4cm~5cmの小さなハゼです。
この写真では分かりにくいですが、ティアドロップ型の瞳が緑でとっても綺麗です。
カイメンやソフトコーラルの表面を滑るように移動して、なかなか写真を撮らせてくれません。^^;

真っ白で綺麗なウツボ、ヘリシロウツボ
c0147699_15291265.jpg
珍しいとのことでしたが、私は初めて見ました。
この個体、びろーんと伸ばしたら20cmくらいはあるのでしょうが小さくて綺麗なウツボです。
体色も白いですが、背びれが抜けるように白いのでヘリが白いウツボって名前がついたのでしょうね。^^
一生懸命、口を開いて威嚇してますが、やっぱりかわいい。
まだ子供かな。
砂地に潜る種類のようですが、体が半分以上出てますから巣穴が崩れちゃったんでしょうか。^^;
この子は笠沙(カササ)という外洋のポイントで巡り合いました。

訂正:笠沙じゃなくて平崎(ひらさき)という外洋のポイントでした...。訂正。

ミヤコウミウシ
c0147699_1529366.jpg
大きくなる種ですが、この個体はまだ小さくてかわいいー。
大きくなるとあんまり綺麗じゃないんですが、小さい時は綺麗じゃないか。
ちょっと見直しました。^^

最後はオオシライトゴカイ
c0147699_15303086.jpg
お花のように見えるのは鰓冠(さいかん)とよばれるエラですが、プランクトンなどを捕まえてここから食事もするようです。
本体はゴカイですから、ミミズ...。^^;
1匹のゴカイに1つの鰓冠。
うむむ、何匹居るんだ。
ケヤリムシ等は光を感じて鰓冠をひっこめてしまいますが、この子たちは水流を感じると引っ込んじゃう気がします。
なんとなくですけど。


バスの中でも爆睡して戻ってきたんで、眠くもないんですが...さっき鏡を見たら、メノシタ二重クマ子さんになっとりました(涙
クマ出来やすいんですよねー。(T-T)
[PR]
by RENtz | 2010-09-27 15:53 | ダイビング
  恋の季節♪
運動会のシーズンですねー。^^
うちの事務所は小学校と幼稚園(併設)の前にあるので、このシーズンはとってもにぎやか(笑
今日、運動会の練習を見てたらマイケルジャクソンのBit itで子供たちが踊ってました。
いや、もちろんオリジナルのダンス・パフォーマンスじゃないけど、その選曲は小学生(って言うか学校)でアリなのかなぁ、等と思ってしまった。^^;
いつかマイケルもオールディーズとか言われちゃう時代になるんだろーなー。

ところで先日、ジェノア(ミニ・ブッシープレコとキリーの居る水槽)のフィルターをそろそろ掃除せねばー、とぼんやり眺めていたらキリーのオスがメスに求愛しはじめました♪
いつもはメスに逃げられちゃうのに、その日はメスも「おっけー♪」な感じだったので写真撮ってみました。^^
あ、水槽が綺麗じゃないのは堪忍してくださいね。
抜き打ちなもんで。^^;
c0147699_17145430.jpg

c0147699_17151182.jpg

c0147699_17152161.jpg
えっと、フィルター洗いたいんですけど。
スポンジの方は特に、念入りに、洗いたい...んですけど。
c0147699_17153198.jpg
あらら、産んじゃいましたね…。
結局、スポンジフィルターも洗いました。^^;
隔離しないと稚魚は育たないし。
今は隔離してられないし。

やっぱりアカムシとかコペポーダを続けた後って、産卵しやすい気がします。
あんまりあげてませんけど。
メスは卵をつくるエネルギーが必要だからですかねー。
基本的に水温で産卵時期を決めてるみたいなので、ヒーターの入った水槽だとシーズン問わず産卵してるよーな気がします。

そしてお騒がせしちゃったハスたち。
c0147699_17153799.jpg

数が少ない?と思った矢先に、立て続けに2匹の遺体を確認したのと全員確認出来なかったので、半減したと思ってましたが、ダメだったのは遺体を確認した2匹だけだったようです。
皆さまから暖かい励ましのコメントを頂いて、本当に心強かったです。
有難うございました!


c0147699_17154647.jpg
ついでに、趣味の仏像彫刻。
足掛け10年というあり得ないトロさの末に完成した地蔵菩薩です!
(普通は長くても半年程度、手の早いリタイヤ組の方だと2ヶ月程度で仕上がります。)
6年程度、教室に行けなかったのもアリますが…。
干支とか彫っててもやっぱり遅いですねー、私(笑
次は身の程知らずな雲中供養菩薩にチャレンジです。
師匠、すみません~。

などと言いながら、今から鹿児島へ行ってきます。^^;
今回は錦江湾。
昨年、会いたい~、会いたい~と言いながら巡り会えなかったミジンベニハゼにようやく会えそうなんです!
頑張ってサカナ的ダルマさんが転んだをやってきます。^^
[PR]
by RENtz | 2010-09-24 17:17 | クラウン・キリー
  ハステータス、減少..。
先日から、ハステータスが元気ないなぁ、と思って冷凍コペポーダをあげたりなんかしてみた。
やっぱり体力が必要でしょ、ってことで。
いきなり涼しくなって、水槽の蒸発量が減ったのでちょっと水換えなんかもしてみた。

ハスが1日1匹、お亡くなりに。。
なぜ。

現在、ハステータスは4匹。
昨夜の時点で、目の不自由な小さい子は頑張ってくれてます。

急に涼しくなって体調くずしたのかなぁ。
うちで育った子たちなので、ちょっとショック。
そういえば去年の夏はR350が崩壊したんだっけなー。。。遠い目。
奈良は朝晩20度きる外気温。
ヒーターな季節になってきたんですねぇ。
日中はファンだけど。

ストックしてあった冷凍コペポーダも残り少なくなってきたので、新たなキューブを買ってみた。
ミジンコじゃなくてアルテミアのキューブだった。
コペポーダばっかり見てたから、ブラインちっさ!
・・・入れる加減が分かりません。(-"-;
[PR]
by RENtz | 2010-09-17 14:15 | Co.ハステータス
  海遊館。
先週末、事務所のベランダ(喫煙エリア)へ出たら磯の香りがしました。
うちの事務所は大阪中央区なんで海が近いわけではないんですが、夏の蒸し暑い夕方にふんわり潮の香りがすることがあります。
で、あー、海行こう。と思うんですけど。^^

金曜日は早めに仕事を終わらせて、海遊館へ♪
18:30までに事務所を出られたら海遊館の最終入館時間19:00に間に合うのです。
今回は、年間パスを買うのが目的だったんで海遊館では遊べないだろうな、と思ってたんですが、年間パス申し込みを済ませたら入ってもいいですよ、と。
らっきー♪

休日に海遊館へ行くとヒト科のイキモノばっかり眺めるハメになるので、原則的に平日・夜の海遊館しか行きません。
なので、年間パスは必須なんですよ。もったいないっしょ?^^
しかも仕事が早く終わんないと入館に間に合わないので、いつも突発的。
あ、今日 海遊館行こう、みたいな。
パスがあると、とっても便利です。
まぁ夜は、アザラシもペンギンも寝てるし、ヒト科のイキモノはカップルが大半なのですけど(笑)、好きな水槽でゆっくりして、あまり好きじゃない水槽はほぼ素通り、なんて好き勝手できるので夜の海遊館は大好き。

海遊館の年間パスを購入するのは先に海遊館ファンクラブに入会したり、購入期限が決まってたり、ちょっと面倒くさかったんですが、今年から「いつでも」「誰でも」パスが購入できるようになりました♪
年間5000円。
3回以上いったら、絶対おトク。^^

その日は、カワウソたちも元気に走り回ってたり、カマイルカの赤ちゃんがお母さんと泳ぐ練習してたり、マンボウがジンベエの居る大型水槽にいたり(初めて見た)・・・なんかいつもより楽しかったです。^^

大水槽も、ジンベエを眺めてたら、いきなりマンタに視界をさえぎられて驚き、ナポレオンフィッシュが横目でじろ。っと睨んでいく・・・なんて、ほんとありえない海ですが(笑)1回くらいあの大水槽で潜ってみたいなぁ。
タマカイも居るんですけどね。
※タマカイ...ハタ科のデカくていかついお魚で、水族館職員さんの間ではタマカイに関する様々なエピソードが苦笑とともに語られちゃう、ちょっと困ったちゃんなお魚。
タマカイの伝説を作ることになっても、まぁそれも面白いし、やっぱり潜ってみたいかな。^^
底床掃除でいいから(笑

カメラ、もって行かなかったんで写真はないです。^^
海遊館へ行って、ちょっと幸せだったのでアップ。
[PR]
by RENtz | 2010-09-05 16:01 | その他