ダイビングで出会った生き物とか、アクアリウムとか。
by RENtz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ダイビング
アクアリウム全般
ベタ
クラウン・キリー
Co.ハステータス
レッドビーシュリンプ
レッドチェリーシュリンプ
水草
その他
未分類
以前の記事
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
お気に入りブログ
スモールアクアリューム
Eden in water
Style* a
B-STYLE
cube*grass*
とらねこアクア
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
Bolbi
お魚好きなねこ
With the wat...
surlamer-aqua
麑海暮らし~水面の向こう側へ~
未解決ハリマオーのAQU...
コケシノブログ
It's a small...
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
  カテゴリ:アクアリウム全般( 109 )
  誘惑のひと時。
寒くなってきたとは言え、長期の不在で稚魚たちが大丈夫か心配だったんですが問題なかったようです。^^
キリーの稚魚2匹、ハスの稚魚3~4匹(ちょろちょろするから分からないのよ..)が、元気に走り回っておりました。

そして...。
先週お世話になったガイドさんから、世にも恐ろしい誘惑のご連絡が入ったのは本日の昼下がり。
「ミジンベニハゼが見つかりましたー♪早く来てください!」
「こ、今週は行けないんですけど!!」
いや、この時点でもう金曜日(通常、出発する日)ですし。
着たきりすずめで鹿児島まで行くつもりか、私。(-"-;

2年越しで巡り合えずにいたお魚です。
体長 5cm程度の、真っ黄色のちいさいハゼ。

ようやく発見のご連絡、発見場所は先週潜った場所の5mほど先とのこと。...orz
ニアミスやないですかー!
もう少し先へ行っていればっ(涙

でもねぇ。。12月なんです。
何度もカレンダーとにらめっこしましたけど、土曜の夜出発・現地ゼロ泊パターンしか残されていません...。
うーん。
悩ましすぎて、仕事が手に付きません。(-"-;


あぁ、うちのおチビたちの写真を見ていただくつもりだったのでした。
衝撃のご連絡に、我を忘れておりました。^^;

え..と。
ハスのチビたちは落ち着きなく泳ぎ回ってたので&キリーの稚魚は割とじっとしているけどミニ・ブッシープレコ嬢の落し物がすごくて水槽内を掃除しない間は写真撮れる状態じゃないので、現況はお見せできないんですが。。
せっかくなんで、少し前に撮ったおチビ達を見ていただこうかと思います。^^

c0147699_17551382.jpg

孵化したてのキリーの稚魚です。
体長はだいたい3mmくらいでしょうか。小さいです。

そして(おそらく)2カ月程度育った状態のキリーさん。
c0147699_18263546.jpg
しっかり横縞が浮かび上がってます。^^
体長は15mmくらいかな。
大人に比べるとまだまだ小さくて細っこいですが、姿だけは大人と一緒。

現在、2匹のチビ・キリーがおりますが、1匹だけ尾びれに赤いライン(♂の特徴)が浮かび上がっています。
ほぼ同じ大きさなので、もう片方はメスなんじゃないか、とちょっと期待。
キリーって、オス率が高いような気がするので、片方がメスやったらラッキー♪

そして、お隣の水槽のCo.ハステータスのおチビちゃん。
c0147699_18292144.jpg
これは(たぶん)孵化後2週間くらい経ってるでしょうか。
体調は10mmくらいかな。
彼がひっついているのはウォーターフェザーの葉っぱです。^^; ちっさい。
現在はもう少し体高が出て、体の模様も砂利迷彩な感じで...写真が撮りにくいことこの上ありません。
ファインダー覗いた瞬間、田砂にまぎれて消えるんですよねぇ。(-"-;

今回の餌は冷凍ブラインのみですが、稚魚たちは問題ないみたい。
おこぼれに預かる親御さんたちもドライな餌より体色も綺麗ですし、卵でも産んでみようか、って気になるようで冷凍ブライン、手軽でいいかもです♪

ハスもキリーもF2とかF3とかなんでこのまま水槽の中で増えてもらうなら、外から新しいお友達を呼んでこなくてはならないかな。。
まぁ、この子たちの繁殖とかいう前に水槽のリセットを見据えて...ミジンベニハゼの幻影をどうするかも見据えて、成長を見守りたいと思います。(T-T)


*追記*
先ほどスケジュール確認の連絡を取ったところ、年内はムリと判明。
これでこころ安らかに冬籠りに入れ…るハズだったんですが、私の不注意で遠方に居ながらガイドさんを流血沙汰な目に合わせてしまったことも判明。(T-T)
本当に申し訳ございません…。
 
[PR]
by RENtz | 2010-11-26 18:50 | アクアリウム全般
  住人たちもつつがなく。
アクアネタを挟みます!と宣言したので。^^
水槽の住人たちは、まぁ元気にやっているようです。

まずはジェノアの住人達。

あ、色つきメダカのクラウン・キリーはマトモな写真が撮れなかったのでミニ・ブッシープレコだけなんですけど。^^;
新しいカメラで、まだ修行中だからすっごいボケボケの写真で失礼します。
じゃぁ、いつものカメラなら大丈夫なのか、などとコメントしないように。
c0147699_15212595.jpg
・・・爆睡しています。
初めて「どこにもひっついていない、しかも仰向けのプレコ」を見たときは、死んでしまったのか?と青ざめましたが、もう慣れました。
たまに爆睡かましてるようです。^^;

ちょっと水槽をつつくと
c0147699_1521357.jpg
何事もなかったかのようにひっついています。
いや、もう証拠写真とった後ですから。
最初のころは、水草の裏へ走って逃げ去っていましたから彼女(たぶん)も慣れたのでしょう。

あ、端っこにもっとボケボケのヤマトが写っていますね。^^
彼らもそろそろ3年になろうとしています...って、ヤマトってそんなに寿命があるんですねー。
みんな、がんばって長生きするんだよ。

続きまして、R350のベビーリーフ。
せーらむさんに褒めてもらったものの、その後アオミドロに絡みつかれ無残な姿になっておりました。
・・・が、放っておいたら綺麗になった。
水槽の環境って変わっていくんですね。 <<こらこら。
c0147699_1521466.jpg
意外に育ってます。
活着させておいたベビーリーフは、なぜかいつも浮遊生活を送ろうとするので好きにしてもらってます。^^;

カメラを向けると逃げていくか、着底しちゃうハスたち。
最近では、あまり水流で遊んでくれなくなりました。
オトナになったんでしょうか。
飽きたんでしょうか。
c0147699_1521543.jpg


普段は、まるで無人の水槽ですが...
c0147699_1522048.jpg
餌を入れると、どこからともなく、わらわらと姿をあらわしてせわしなくお食事。

カメラを向けると、一斉にお尻を向けて去っていきます。
c0147699_1522529.jpg
彼らには観賞魚としての自覚が足りないと思います。

この中に、一番最後に生まれたおチビちゃんが居るんですよね。
他の子たちより一回りは小さいです。
活ブラインを入れなくなったら他の子も大きさが変わらなくなったので、まぁ小さいのはそのせいかも知れないんですが。

もっと小さい頃から、なんとなく体色は白っぽいし(釜揚げシラスみたい)、黒目がヘンだなぁと思っていたんですが、わりと写真の撮りやすいところへ出てきてくれたのでアップで撮ってみました。
c0147699_152212100.jpg
やっぱり目がおかしいですねぇ。
まぁ、他の子たちに苛められてる様子もないし、元気に泳ぎ回ってるから大丈夫なんでしょう。

それにしても、まともにピンがあってるのは最後の写真だけですね。^^;
しかもデコにピンあってますけど。
っていうか、オリンパスではこんなに細かいところまでは写しきれた事がなかったんです。
さすがNikon。  ...coolpixだけど。
きっちり撮れば、一眼並みの写真が撮れますよ!と言われましたが、なるほど、こういう事だったのですね。
修行すれば、私でも綺麗な写真が撮れる、と。
がんばります。^^;
[PR]
by RENtz | 2010-08-05 15:22 | アクアリウム全般
  今月の暴挙
ちょっとさぼりがちなブログですが(汗)水槽は、ぼちぼち動いております。^^
動いたっていうか...この間の連休に暴挙を連発したのでご報告でもしてみようか、と。


■暴挙1/ジェノア20
滅多にご紹介しないジェノアですが、かの暴君ネロに続くハバネロ・キリーを筆頭としたクラウン・キリーたちと、もうミニじゃないブッシー・プレコ嬢の居る水槽です。
ぜーんぜん手をかけていない割には、水がぴかぴかで、ほったらかしだったんですが、いい加減リセットせんとな、と着手。
水を抜いて、キリーやらイガカノコさんたちを移動して、次はプレコさんね、と網ですくい...
ミニ(じゃない)ブッシープレコ嬢を床に落としてしまいました!あうぅ。
落差は1mもなかった(と思う)ものの、内出血してないか調べようにも「地グロ」なので不明。
水槽に戻った後、いきなり地形を変え、草を引っこ抜いてらっしゃったので大丈夫かもです。
っていうか、せっかく植えた水草を抜くんじゃありません。(-"-;
c0147699_11561153.jpg



■暴挙2・3/BEE&ハステータス
最近めちゃ寒いですが、連休前は結構あたたかかった。
ふと水温計を見ると30度!!
ジェノアは26度。
室温20度。
なんでだ。
ヒーターが壊れてんのか、とも思いましたが、日蔭なうちにヒーターががんばる。→太陽光でさらに温まる。→30度達成。
ということみたい。
となりの水槽が26度をキープしてるので、水温が下がらないのは水草ボーボーで水が回らないからか。と水草をばっさりカット。
もう稚魚も居ないだろ、と思ったんですがその夜、ハスの稚魚発見。(T-T)
まだ居たのか。
す.捨てたかもしれん。(-"-;
あ、チェリーさんの稚エビも居るので、刈り取った水草をチェックしてから棄てる、っていう気の遠くなるよーな作業をしたので、たぶん大丈夫だと思うんですが。…たぶん。

しかし、水温に関してはこれで大丈夫だろう、と連休中にビーさん10匹をポチ♪
・・・翌日、水温30度。
なぜ。
急きょ「よしず」を立てかけて日よけに、まだヒーターも外せないのにファンまでつけました。
翌日、2匹のビーさんが☆に。(ノ-T)
移動の疲れ&環境変化がダメだった&水温上昇ダメージ、原因はこの3つのうちどれか、または全部か。
現在6匹を確認。
前日まで元気そうなビーさんでも、いきなりお亡くなりになってしまうのですが何が原因なんでしょう(涙
うちの環境ではビーさんは無理なんでしょうね...。


■暴挙4/クリプトコリネ・リーケンス ルーケンス
丈夫で小さいクリプトコリネ、といううたい文句につられてポチ。
到着した草は、15cm程度...。
・・・これで小さいのか。
クリプトの最小サイズは、アクアデイズのTeruki1997さんが夢中になってるバルパだったんですね。
5cm程度を想像してたので、目が点になりましたけど誤差10cm程度だし(でかいだろ)私のセイじゃないからまぁいいか。


■暴挙5/ベビーリーフ
初めはアンダマン産のウォーターファンもいいな、と思ったんですがLIFE+aq→のKeisukeさんから、やめとけ、と止められたのでこっちにしました。
たぶん事前に相談してたら、やっぱり「やめとけ」と言われたと思います。^^;
安かったのでー(汗
皆様がムツカシイ&動かないとおっしゃってる水草ですもんね。
入れてすぐ、2匹のヤマトさんがとりついてたのでヤマトさんのおやつね、と諦めてましたが、意外に無事みたいです。
美味しくないのかな。


こうやって列挙すると我ながら、どんだけ、って感じですねぇ。

まま、こんな話ばっかりでも何なので。
c0147699_1821781.jpg

気がつけばハスの稚魚は7匹に増えてました。^^
親御さんが1匹になってしまったので、現在8匹。
アルテミアだとテンション低いんでいいんですが、ブライン入れると8匹が編隊組んで走り回るので、ビーさんたちを怯えさせるのが考えものです...っていうか、せっかく餌付いたコリタブ(親御さんだけですが)に見向きもしないんですけど!!
再度、コリタブをエサだと認識させなきゃなので、ちょっと気が重いです。(-"-;
c0147699_18241041.jpg

でも一番ちびっ子な2匹が並んでたりするのを見ちゃうと、全部許せてしまいます。^^; おやばかー。
[PR]
by RENtz | 2010-03-31 16:44 | アクアリウム全般
  マングローブとリセット
先日、ネットを徘徊してたらスモールアクアリウムさんでマングローブの種をご紹介されていました。
ブログによると種をわけていただけるらしい♪
種が3本で送料込1000円♪
うーん、育ててみたい。^^

ということで
c0147699_15172774.jpg
さっそく入手。^^
種は樹の上で成熟し、このサヤがおっこちて地面につきささり発芽する仕組み...らしい。
水槽でも育ててみたいんですが、とりあえず観葉植物的に育ててみることにしました。
c0147699_1517386.jpg
↑100均で見つけたハイドロボールと陶器の器。
ガラス器にしようかと思ったんですが、日光大好きな種なのでガラス器で日に当てたら絶対コケるな、と陶器にしてみました。^^;

ちなみに、マングローブの種はまだ若干在庫があるそうですよ!

スモールアクアリウムさんのブログから
お願いすることができます♪
苗はたまに売ってますけど、種はなかなか見かけませんよね。
みんなでマングローブ育てましょー♪^^

c0147699_15175185.jpg
そして。
マングローブの種と一緒に、風蘭(富貴蘭)というちょっと変わった蘭もお願いしました。
この蘭は、風通しのよい場所が好きなので樹木にひっついて暮らすという種類だそうです。
うまく育てると初夏にはかわいいお花が咲き、甘い香りも楽しめるのだとか。
花が咲くといいな。^^

ちなみに葉っぱに斑が入るもの、斑の入り方、根っこが赤く染まるものなど種類があり、価格もピンキリらしい。
私は「初心者向け・丈夫な」風蘭でチャレンジです。^^
ちなみに、この種は奄美産。
奄美へは1度だけしか行ったことないですが...鹿児島経由で潜ってから、夕方フェリーに飛び乗って...っていういつもの強行軍をやったので、海をあんまり覚えてないんですよねぇ。^^;
そういえばマングローブも生えてますね、奄美。
うーん、見てないなぁ。
もうちょっとゆったりした行程を心がけないとですね。
c0147699_1518033.jpg
こぶりな植物でかわいいです。^^
あまり場所をとらなくて、いい香りの花が咲くのは嬉しいですよねー。
あ、この風蘭は1600円。
こちらもスモールアクアリウムさんで販売していただけますよ♪

c0147699_1518829.jpg
おまけのチビハス。
ちょっと前に撮ったものですが、10mmを1mmほど超えました。^^
[PR]
by rentz | 2010-03-12 00:02 | アクアリウム全般
  がっくり、なご報告。(T-T)
今回は、タイトル通りがっくり orz...なご報告満載です!

まず1コ目が、バンブルビーオトシンさん。
昆布に餌付いたか、とぬかよろこびもつかの間、次の昆布には寄りつきもせず。
砂地に着底してることが多いものの、昆布より嗜好性が高いであろう殻むきブラインエッグ(アルテミア)は地べたに落ちてるからだと、勝手に思って微笑んでおりました。
ブラインも涌かしてたし。
20日(土)の朝見かけて以来、姿を見ておりません。...orz...
c0147699_16302970.jpg

背びれをぺたん、て閉じてるの...実は気にはなってたんですが。
ご飯さえしっかり食べるようになってくれれば、問題ないと思ってました(涙

2コ目は、ハス・ママ。
おなかが常にぷっくりしてるのは、抱卵してるからだと思ってました。
エサは率先して食べてたし。
しかし。21日(日)の夕方、体側に赤みが。
あれ?と思ったものの、私の視線に気づいたハス・ママは水草の影へ隠れ...それ以降見かけません。
ご飯時に、彼女が姿を見せないなんてありえません。...orz...

3コ目(まだあるのか。)は、ビー。
21日(日)に、1匹のビーが横たわっておりました。
22日(月)は、さらに2匹のビーが(涙
c0147699_16304721.jpg

↑在りし日のビーさん...って、この子が死んじゃったのかどうかちょっと不明なんですが。
クロスしてるのが可愛くて。

うーん。
思い当たること。
21日(日)の夜に、藍藻を少し除去しました。
水草と水面に横たわってるやつ。
水草は、ハスの卵がひっついてる可能性があるのでトリミングもせず。
水上化しつつあります。^^;
このまま花が咲いたらいいなー、という期待もあったりしますが。
藍藻とともに少し水を吸い出して、点滴足し水500ml。
でも、バンブルビー・オトシンとハス・ママが姿を見せなくなった後なんですよねぇ。
関係ないか。
私は何かしたんだろうか!?(涙)


しかし。
がっくりなお知らせだけではありません!
残ったハスたち(たぶんオス)は、ハス・ママが居る時、なんで?と思うくらいガリガリでした。
が、たった2日経過しただけで何だかふっくら。
別にママがオスたちを牽制してた様子もないんですけどね。
見えないところでイジメられてたのかなぁ。

続きまして。
コケ取りを期待してお越しいただいたチェリーさんです♪
さっぱりコケをとる様子はなく、コリタブをツマツマしてるだけ!(これは、がっくりなんですけど(笑)
しかし、その中に抱卵ママが居たんですね。^^
数日前、チェリー・ママのおなかに卵がない!
脱卵したのね(涙)と思ってたら、ガラス面に半透明な1mm程度の小さなエビが5匹くらいツマツマしてました!
無事、孵化したようです。^^
その後、1匹くらいしか姿が見えないんですが...。(-"-;
c0147699_16333296.jpg

いや。もうさっぱり分からないと思うんですが。^^;
私のコンデジでは、これが精一杯ですー。
一応、1mmくらいの半透明なエビがピートの上に乗っかってるんです。^^
背中がほんのり赤色に♪

さらに。
ベビー・ハスの稚魚たちです♪
昨日、あきらかに孵化2週間以上経過したと思われるサイズの稚魚を2匹みつけました!
おなかはオレンジ色で、はちきれそうです。^^
不安定なりにも、がんばって涌かしてるブラインと同時に入れてるアルテミアで何とかエサを取れてるでしょうか。
なんかちーさいムシも勝手に涌いてるし(笑
(写真を撮ったんですが、砂利と同化しすぎて判明できないようなシロモノばかりでした...)

やっぱりバンブルビー・オトシンさんの餌付けはムツカシイですね..。
昆布にはひっついてたけど、おなかがぱんぱんになってるとこ見たことなかったですもん。
ブライン入れて、昆布入れて、アルテミアが入ってて、なんかちーさいムシも涌いてて、ダメなんて。
やっぱりムツカシイですね。(T-T)

たった2~3日の間にこれだけの悲喜こもごも。
亡骸を確認したビーたちはともかく、行方不明なバンブルビー・オトシンとハス・ママ生存の淡い淡い期待も抱きつつ、がんばって生き延びてる稚魚たちと頑張りたいと思います!

※そういえば写真撮ってたんだ、と後から追加しました。m(_ _)m
[PR]
by RENtz | 2010-02-23 12:15 | アクアリウム全般
  バンブルビーオトシン 餌付けへの道。2

2010年2月29日現在の私信
arkさん、見てくれてますか?
すぐチャームさんでタイガーオトシン、チェックしてください!
3匹 1850円ですよー!送料払っても、格安ですよ♪^^


失礼しました。^^;
先日、arkさんが購入しようとしたバンブルビー・オトシンさんを横取りしちゃったみたいなので。^^;

きゅうり作戦で惨敗だったバンブルビー・オトシンさんの餌付け作戦、その2です。
ガラス面にひっついたその顔はまるでプレコなのに、キュウリをスルーしますか。
(オトシンを飼育されているサイトだと、キュウリも食べるらしいです。興味はあったみたいなのでもうしばらく様子を見ればよかったかも。)

次に試したのは昆布。
コメントでも頂いていましたが、オトシン餌付けの定番なんですね。^^
飼育者の方によって、しっかり煮出す、そのまま入れる、水洗いだけして入れる...と様々だったので、中を取ることにしました。
お皿に水を張って、昆布を入れてレンジでチン。
お湯が冷たくなった頃には昆布もふくらんで、いい感じです。
竹串にさして様子を見ましたが、姿が見えません。
もしかして空腹で力尽きてるとか...。

しかし、食べてくれないと言っても今まで何も食わずに大きくなった訳ではあるまい、と里親チャームさんにお問い合せをかけてみました。
そのお返事は・・・「イトメです」
イトメが難しかったら、指向性の高いブラインかアカムシなどを与えてみてはいかがでしょう。
とのこと。

オトシンさんって、草食じゃなかったんですか。
そうなんですか・・・。

明けて16日の夜、バンブルビーオトシンを探すと、いつもはガラス面にひっついているのに砂の上にじっとしています。
もしかしてタイムリミット!?
頼みの綱のブラインも、気温のせいか不安定でほとんど涌いてません。
とりあえず動物性タンパク質!という事で殻むきブラインエッグを水でといて、目の前にまいてみました。
じたばたしてます。
…ごはん!と思ったのか、スポイトの水流が嫌だったのかは不明。
念のため、昆布の上にも殻むきブラインエッグをまいておきました。

c0147699_12104940.jpg

ふりかけが良かったのか、昆布が柔らかくなったのか、バンブルビーオトシンがひっついています♪
よかったー。
この馬鹿でかい帆掛け船の帆のよーな物体が昆布です。^^;
ちなみに水草がコケまみれなのはスルーしてください。^^;))

それにしても、殻むきブラインエッグも冷凍コペポも入れてたのに、さっぱり気づいてなかったんでしょうか、この子は。(-"-;
結構トロイ?
ずーっと昆布から離れないので、一安心ってとこでしょうか。
c0147699_12112140.jpg

しかし。
おなかはぺったんこ。
ホントに昆布食べてるのかなぁ。。心配です。
でも、昆布になんか茶色い小さいムシがたかってるので、雑食と判明したバンブルビーオトシンさんの餌にも、ハスの稚魚の餌にもなるだろう、ということで引き続き昆布投入。
この小さいムシ、何でしょう。
なんか草にたかるアブラムシって居るじゃないですか。
ゴキ○リじゃない方のアブラムシ。
あんなやつなんですけど...。

ところで、昆布ってミネラルいっぱい?
硬度があがる...?
c0147699_12114840.jpg

ちょっと心配だったので、昆布小さくしてみました。^^;

※硬度を測ろうと思ったら、GHの試薬が液洩れでなくなっておりました。orz
KHは大丈夫だったので、意味はないかもしれないけど測ってみたら1でした。
やっぱりGHを測らないとダメですよね..?
[PR]
by RENtz | 2010-02-17 23:13 | アクアリウム全般
  バンブルビーオトシン 餌付けへの道
2月11日にやってきたバンブルビー・オトシン(タイガーオトシン)さん、餌付けできるかどうかが今後の大きな課題らしい。
いや、今そこにある危機。くらい逼迫した課題かも...。
水槽のコケはまだあるものの、おなかはぺったんこになりつつあり、どーも雲行きがアヤシイ。
これは早急にテをうたねば。

ということで、餌付け作戦です!
ガラス面にひっついた顔がまるでミニ・ブッシープレコじゃないか、とキュウリを入れてみました。
彼らがキュウリ好きかどうかは、思いつきだったため不明。
13日(土)の夜、作戦決行。
c0147699_1831221.jpg

キュウリに、コリタブをつっこんで茶ゴケを塗ってみた。
茶ゴケの匂いにつられてキュウリか、ついでにコリタブをかじってみてはくれないか、という作戦です。

c0147699_18325028.jpg

お。おぉ?
しばらくして、キュウリに寄ってきたバンブルビー・オトシン(タイガーオトシン)。
※以前、飼いたかったバンブルビー・ゴビーにちなんで、うちではバンブルビー・オトシンと呼んでみます!
しかし、キュウリには移動せず...。


そのころのジェノアの住人、ミニ・ブッシー耕運機プレコ嬢。
c0147699_1833738.jpg

キュウリ大好き♪
必死です。^^;
反対側から食べればいいのに、どーも必死すぎて気がつかない様子。
これくらい必死感があると、こちらも嬉しい。^^

本命のバンブルビー・オトシンさんは、キュウリからつかず離れず...。
興味はあるのか、離れてもまた寄ってきます。
c0147699_18332196.jpg

お!もう一声!
・・・
この後、またガラス面へ戻ってしまいました。orz
脈はあるような、ないよーな。。
おなかすいてるハズなんですけど...、それでも来ない。
ナゼ?

かーなーり前途多難な様子です。(T-T)
どうやったらエサと認識してもらえるのか...。
とりあえず再チャレンジあるのみですね。

13日(土)に見かけたハステータスのおちびちゃん。
まだがんばってます♪
初めて見かけた稚魚と同一個体なら...そろそろ魔の2週間目?
ゆっくりでもいいから、生き延びてほしいです。。
c0147699_18333592.jpg

[PR]
by RENtz | 2010-02-16 00:01 | アクアリウム全般
  コケ対策
茶漉しに隔離したハステータスの稚魚は、2匹とも☆に...。
水槽内には、なんか稚魚がちょろちょろ。
あまり大きくなってる様子はないので、ヨーサックが無くなった時点でダメかも知れませんが、ちょっとだけ成長してるような子も居ます。
c0147699_16392570.jpg

...あまりよく分かりませんね。^^;
でも、ちょっと大きいんです!体高もちょっと出てきてるし。
結局、茶漉しの中でエサを認識できずにだんだん弱っていくなら、自然繁殖にかけてみることにして茶漉し撤退。
稚魚の生存率をあげるためにも、引き続きブライン湧かし中。
しかし、なかなか涌いてくれない...。

この画像を見ていただくと、すさまじいコケがついてるのがお分かりいただけるかと思います。(-"-;
先日のぽかぽか陽気=日照時間の延長 → コケ増殖。
暦上 春はまだなんじゃないか、と思いますが...春なのねぇ。
ガラス面のコケはともかく、水草にとりついたコケはちょっとやそっとでは除去できません。
せっかくビーが落ち着いてるのに、でっかいヤマトさんを入れるのも躊躇われたので、先日のチャームさん送料三千円で無料キャンペーンにのっかってポチしちゃいました。
以前も起こしいただいて、成果をあげてくださったレッドチェリーさんたちです。

送料無料にあわせるため12匹セット。
ちょっと多いのでジェノアに入ってもらお、と思っていたら届いたチェリーさんは14匹!
よく見ると抱卵ママが1匹...。
嬉しいやら、悲しいやら。
結局、初心貫徹で手始めに3匹だけR350の水槽に、残りはジェノアへ移住していただきました。
ジェノアは、ガラス掃除のプロフェッショナル ミニ・ブッシー耕運機プレコに、古株のヤマトさんが2匹、存在感がやや薄いサザエ石巻×4匹、スネールいっぱい...と、ガラス面掃除のためだけに構成されたかのような住人たちがおります。
正直、この水槽のガラス面を掃除したことがありません。^^;
チェリーさんが、プレコやヤマトにおびえずエサを食べてくれることを祈るばかりです...。

そして。
ついに我が家にもオトシンさんが!
c0147699_16504632.jpg

...バカモノと罵っていただいても異存ございません...。
ようやく落ち着いたとは言え、皆様がたがムツカシイとおっしゃるバンブルビーオトシンです。
振り返ってみても、ほんの出来心だったとか、魔がさしたとしか思えません。(涙
チャームさんで、ネグロ&クルスともに売り切れ、ついでに普通のオトシンさんたちはうちの水槽にはちょっとデカイ。
そんなことをとりとめなく考えていたら...、サイズよし!値段ぴったり!(うちの住人たちの中で、一番高いんですけど...送料無料にむけてぴったりだった)...気がついたら、ぽち。
うぅ、私のばか。

しかし。
水槽に合流したバンブルビーオトシンを見ると、予想以上にかわいいー。
R350に入るや否、ぴた。とガラス面をもふもふ。
水槽前面から掃除にかかる有能さ!
たまに、なんでこんなに汚れるまで放っておいたわけ!?きー!ハンカチかみかみ。な感じでちょっと移動→もふもふ。

エサの問題さえクリアして慣れていただければ、意外に頑健らしい。
ということで、ガラス面のコケを食いつくす前にプレコタブレットの存在に気づいてほしい、そう切に願う次第でございます。
でも。
せっかく背面がシマシマなのに、おなかしか見えないんですよねぇ...。(-"-;
[PR]
by RENtz | 2010-02-12 17:21 | アクアリウム全般
  ISO800で撮ってみた
先日、映り込みが少ないブログ用写真の撮り方を教えてください、とお願いしたところチラシの裏のきたさんから、ISO800くらいで撮ってみたら?と教えていただきました。^^
さっそく撮影~♪
c0147699_12122022.jpg

ちょっと暗い感じにはなりますが、シャッタースピードの調整はせずにISOだけ上げたので、フラッシュなしで=映り込みが少ない♪状態で撮れてます。^^
ちょっと映り込んでしまったのは、きたさんのもう1つのご忠告「斜めから撮れ」が守れなかったからです..。

さすがにPCで開いたら、画像は荒いんですけどブログ用だし。
印刷に回すわけじゃないし。
ということで、きたさん有難うございましたー♪
c0147699_12123128.jpgこうやってみると、オークロの葉っぱの上でコケが増殖してますねー。^^;
全体的にグリーン。
これでは、まるでオズの魔法使いに出てくるエメラルドの都のようです。(-"-;

この後、ばっさりコケた葉っぱを切り落としてみたら...水槽内が明るくなった気がしましたー。
コケって偉大ですね。 <違うから。

上のハスさんたちは、モスで目が隠れてる子がしっかり黒目です。^^
他のハスより体高がある...というか、おなかがぷっくりしてるのでメスなんじゃないか、と期待してるんですが...卵産んでくれないかなー。
[PR]
by RENtz | 2010-01-26 12:14 | アクアリウム全般
  ジャマモノ。
c0147699_11461989.jpg

コケが出ました(涙
追肥をしてない貧栄養な水槽なんで、コケの心配はないかと思っておりましたが甘かった。
いろいろとお世話になってるcat-aquaさんが、ちょっと前に「アブナイ、コケ」と紹介してらしたんですが、うちにも出るとは。
いらんことマネせんと、調子いいとこをマネしなさい。

魚たちを見てる時、なーんか視界がぼやけてるな、とは思ってたんだ。
目がもっと悪くなって色がにじんでんのかと思いましたが、コケに覆われて天然ソフトフォーカスがかかってたようです。
私の方がよっぽど天然ですね。(-"-;
気づけよ。

で、調子こいてるコケはモスにまで生えてます。
苔のくせにコケにやられるとは。
なかなか手ごわそうなコケなんですが、ヤマトさんかミナミさんにおいでいただかないとダメでしょうか...。
ビーさん居るんですけど。(-"-;

あ、先日arkさんから低床部分で水質悪化の可能性は?と心配していただいたんで、本当に心配になってきて(^^;)砂にスポイト突き刺して水質検査してみたんですが...問題なかったです。NO3しか計ってないけど。

NO2はNO3の検査結果に内包される...とアクアマインドさんの試薬に書いてあったよーな気がするんですが...違ったっけ。
やっぱりPHも計ってみようかなー。
スネールが大きくならないから、酸性よりなのは間違いないと思うんですけど。
普通のお魚だと、少々のPHの傾きは(慣れちゃえば)大丈夫だと思ってるんですが、ハスには弱酸性が負担になってるかも知れませんよね。
いや、今思いついただけなんですけど。
[PR]
by RENtz | 2010-01-21 12:21 | アクアリウム全般