ダイビングで出会った生き物とか、アクアリウムとか。
by RENtz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ダイビング
アクアリウム全般
ベタ
クラウン・キリー
Co.ハステータス
レッドビーシュリンプ
レッドチェリーシュリンプ
水草
その他
未分類
以前の記事
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
お気に入りブログ
スモールアクアリューム
Eden in water
Style* a
B-STYLE
cube*grass*
とらねこアクア
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
Bolbi
お魚好きなねこ
With the wat...
surlamer-aqua
麑海暮らし~水面の向こう側へ~
未解決ハリマオーのAQU...
コケシノブログ
It's a small...
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
  宮古島ウェディング
先週末、「お友達の結婚式に出席するために」宮古島へ行ってきました♪

9日土曜日、夕方16時からお式なので朝から移動すればいいか。とタカを括ってたら、みんな午前中潜るよー、との事。(新郎新婦、以外ね。^^)
うむむ、やっぱり。
どう頑張っても8日に宮古島まで移動はムリなので、9日の朝一便で宮古入り。

結婚式の前に2本も潜るという暴挙に等しい予定なので、空港に到着と同時にピックアップ→港直行→スーツケースごと船に積み込まれて、なんとも慌ただしい。
他の人たちは前泊なので、すっかり海の用意が済んで器材のセッティングに入っています。
ちょっと焦りつつキャビンで用意をしながら、私の器材積んでくれたー?と軽く確認したら...
「おーっ!」

なんだその「おー」は。
すっかり忘れられてました...。
ついでにフルレンタルのお客さんの器材まで忘れて来たらしい。
あらら。
気がせいて、すこんと抜けちゃったみたいです。^^;
で、出航が40分遅れ。
慌てた意味ないじゃん。
おかげでゆっくり朝ご飯が食べられましたけど(^^) <朝早かったので食べ損ねてた。

間の悪いことに、ぽっこり湧いちゃった熱低の影響で風が強くて(それでなくても宮古島は風が強い)海はばしゃばしゃ。
でもそんなアクシデントをものともせず、今回はとっても美しいウミウシたちに出会えたのでした♪


まずは、透明感が素敵なアミメウロコウミウシ。
嚢舌目 ハダカモウミウシ上科 カンランウミウシ科 キマダラウロコウミウシ属
はじめてみました!
c0147699_1436063.jpg
↑前につんのめってるみたいに見えますね。^^;
↓この写真は右側が頭です。
c0147699_14372931.jpg
バックはガイドさんの手のひら(笑
すごく透明なので、砂地においた瞬間消えるんですよ。^^;
大きさは10mmちょっとあるかな...というくらい。
透明で、葉脈みたいな模様のはいった背面突起はひとつひとつが大きめで平たい感じ。
蝶々みたいです。
透明だからトンボ?
浮遊物をばたばた煽ってたら降ってきたらしい。
よく見つけて頂きましたー♪
でも見つけたんなら、自分で写真撮ってないで呼んでよねっ。


お次はあまり綺麗じゃないオオコノハウミウシ。
裸鰓目 ミノウミウシ亜目 アオミノウミウシ科 クセニアミノウミウシ属
c0147699_14384752.jpg
うん、綺麗じゃない(笑
そしてどこが頭なんだか写真撮っててもさっぱり。^^;
とりあえずでっかいです。
たぶん10cm以上あったんじゃないでしょうか。


c0147699_14393086.jpg
砂地と同化して分かりにくいかもですが...。
なんかミノウミウシ。
手前右側が頭です。
すみません(汗
種類がまだ調べ切れてません...。
分かったら詳細入れますね。


続いて、チェッカーボードチックな模様が素敵なワモンキセワタ。
頭楯目 カノコキセワタ科
c0147699_14402690.jpg
お友達のケリドヌラ・ワリアンスという舌噛みそうなウミウシは良く見るんですが、ワモンはあまり見かけません。
模様がシックですよね。^^


最後はとっても綺麗な子♪
ずーっと前から見たかったコンシボリガイ。
頭楯目 オオシイノミガイ上科 ミスガイ科 コンシボリガイ属
c0147699_14412331.jpg
エントリーして間もなく、砂地をのんびり移動してたら眼の隅になんか這うものが..。
わぁ!もしやこの子はコンシボリ!?
どれも画像が暗くてすみません。
南国の海は明るくて、フラッシュの光が届かなくてもシャッター押せちゃうのでつい..。^^;

ちゃんと光があたってたら、もっと綺麗だったのになー。残念。
c0147699_14413324.jpg
八丈島だとタンクが半分出ちゃうような浅瀬でざくざく見れるらしいですが、冬限定。
以前、9月ごろに八丈島へ行った時「あー、季節じゃないからねー。」と言われた覚えがあったし、親戚のミスガイもわりと水温が低い時期にしか見かけないので、私はコンシボリには巡り合えないと思ってました。
こんな水温高い時期に巡り合えるなんて♪
大興奮で他の人を呼んでから、...しまった。写真撮ってなかった...と手元を見ると、もう1匹。
いいんですか!いっぺんに2匹も見れちゃって!
めちゃくちゃラッキーでした。^^

c0147699_14415474.jpg

青く縁どられた半透明の外套膜は、背中に背負ってる貝殻には収まりません。
美智子様の帽子みたいなもんですね。^^
矢印の先に、黒い点がわかるでしょうか。
眼です。
片目しか映ってないけど。
ミスガイの仲間たちには、こんな風に目があります。
しっかり画像を結ぶわけじゃなくて、光を感じる程度だそうですが...。
他に貝殻の縞の色違いで、赤縞のベニシボリガイという種類も居ます。
ベニシボリも見てみたいなぁ..。

他の人たちが写真撮ってる間、邪魔にならないよう周辺を探索しつつ皆の方を振り返ると、なんだか砂煙がもわもわ。
おー?何か別の生き物がいたのか!?と大急ぎで戻ると、みんなでコンシボリの周辺を掘り返している。
この種類は砂に潜っているので、2匹居たなら他にもいるんじゃないのか、あわよくばベニシボリなんか出てきたりせんものか、と周辺を掘りまくってたようです。^^;
残念ながらこの2個体しか見つかりませんでした。


この他にも色々ご紹介したい生き物たちは居るんですが、一端 海の写真はおいといて。
素敵な結婚式のお話なんかしたいと思います。
知らないヒトたちの結婚式だけど、ちょっと見てみようかな、という方は↓こちらからどうぞ。^^





お二人の結婚式は、東急系列のリゾート・ホテルで行われました。
c0147699_1449810.jpg

この会場はプライベートビーチに面して大きく窓を切ってあり、美しい海を見渡せる開放的な空間です。
開け放たれた窓から吹き込む風がとっても気持いいー。
ここに純白のドレスを装った花嫁さんが立つとそれだけで絵になりますね♪

今回の主役は、宮古島でお世話になっているダイビングショップ「タイムマリン宮古島」で巡り合って...っていうか、もう何年もみんなで一緒に遊んでたんですが、つい1年前くらいにお互いに気づいた二人がめでたくゴールイン。*^^*
縁を取り持ってくれた宮古島で挙式したいわ、ってことで今回の運びとなりました。
c0147699_14535637.jpg
とっても素敵です♪

c0147699_1514154.jpg
綺麗な花嫁さんに、リング・ガールたちもちっちゃなパパラッチに大変身。^^

なごやかにお式が済んだ後は、せっかくのロケーションを活かさないテはない、ってことで。

外のガーデンで写真撮影、砂浜に降りて写真撮影。^^
スタイリストさんたちの指示で、お姫様抱っこありーの、砂浜を歩く二人なシーンがありーの(ちょっと離れたりすると「もっと寄り添って!そこで見つめあって!」とスタイリストさんたちの指示が飛ぶ。)、高みの見物を決め込んでた私たちまで砂浜に降ろされて撮影タイム。^^
c0147699_14555880.jpg
c0147699_1456724.jpg
ウェディングドレスのプロモーションカレンダーが作れそうです。^^
(シルエットっぽく加工してます。けっして花嫁さんが日焼けしすぎてるわけじゃありません...。)

c0147699_14584913.jpg
でも、降りたら上がらなきゃいけないってことで。^^;

徒歩1分でもロケは大変(笑
ここ、別に階段があるわけじゃなくて「ちょっと上りやすそうな」タダの斜面。
体重をかけると、足元から砂が崩れます。
軽装な私たちでも足をとられるような場所(笑
ドレスな花嫁さんはとっても大変...。

あ、でもちゃんと手をつないだまま登ってますねー♪
今気づいた。^^

不安定な天候が、通り雨を運んだりもしてたんですが...
c0147699_1525654.jpg
二人の後ろに大きな虹のサプライズ(しかもダブル・アーチです♪)。
列席させて頂いた私たちまで嬉しくなるような、とっても素敵な結婚式でした。^^
[PR]
by RENtz | 2011-07-14 18:02 | ダイビング
<< 引き続き、宮古島の海 テトラAX-30 >>