ダイビングで出会った生き物とか、アクアリウムとか。
by RENtz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ダイビング
アクアリウム全般
ベタ
クラウン・キリー
Co.ハステータス
レッドビーシュリンプ
レッドチェリーシュリンプ
水草
その他
未分類
以前の記事
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
お気に入りブログ
スモールアクアリューム
Eden in water
Style* a
B-STYLE
cube*grass*
とらねこアクア
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
Bolbi
お魚好きなねこ
With the wat...
surlamer-aqua
麑海暮らし~水面の向こう側へ~
未解決ハリマオーのAQU...
コケシノブログ
It's a small...
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
  鹿児島の海
七夕ですー♪
竹に願い事も書いてないけど、織姫と彦星に面識もないけど、七夕ってなんか特別な感じです。^^
雨だけど。

さてさて、久しぶりに海へ行ってきたので写真いっぱいでご報告です。
昨年からここしか潜ってないやろ、って感じの鹿児島・錦江湾の海。
噴火も少し収まった(?のかな。灰は降ってなかったです。)桜島のお膝元の海は相変わらずパワフル。
雨もパワフルでしたけど。(-"-;

水面近くは結構水温もあって(23度くらいはあった)快適ー♪と飛び込んだところに・・・
c0147699_1446957.jpg
分かりますでしょうか。
砂地の上に、平たい生き物がこちら向きに居るんですが、ツバクロエイです。
触ってもいいかなー、と思った矢先に泳いで行っちゃいました。^^


じゃ、そろそろ行きましょうか、と動き出した途端にきらきらの大群が!
c0147699_14492868.jpg
c0147699_14495467.jpg
鹿児島名物キビナゴです。
この時期は、ちょうど彼らの産卵期。
キビナゴたちは特定のカップルを作るのではなく、大きな群れがひと固まりになってメスが砂地に産卵し、オスが放精するというダイナミックな繁殖スタイル。
c0147699_1515098.jpg
c0147699_15151047.jpg
どなたがお父さんなんだか分かりゃしません。^^;
しかし、デカイです。このキビナゴたち。
あなたたちって、もっと小さいもんじゃないんでしょうか。

c0147699_15154677.jpg
この白い↑の先にあるのがキビナゴの卵です。
1mmくらい?
ハステータスたちの卵と大差ありません。
粘着性の卵で、うみたては柔らかいみたい。


海の中では、うまくしゃべれませんから(しゃべれる。し、聞こえるんですが、やっぱり聞き取りにくいです。)身振り手振りのサインでコミュニケーションを図ります。
c0147699_15201347.jpg
が、こんな複雑な内容はサインではムリなので「せんせい」と呼んでいるスレートに記入してもらうのです。
キビナゴたちで緑っぽい子と黒っぽい子が居るのは、性差による体色の違いで性比は半分、と書いてくださってます。
キビナゴの色の違い...私の写真では分かりにくいかも。^^;
ちなみにスレート縦書きで書くのはたぶん、この方くらいだと思います。^^
さすが鹿児島が誇る偉大なガイド、やることが違いますね。(ほ、褒めてるんですよ!)

あら...。
やっぱり長くなりましたね。^^;
まだ出だし部分なので、はしょって行きます!
c0147699_15491779.jpg
巨大な伊勢エビ!
脱皮したてやった!とのことですが、そう言われれば足なんか殻がぴかぴかですね。
c0147699_15494049.jpg
続きまして、巨大トゲトサカに隠れるミスジテンジクダイ。
マウスブリードするお魚です。^^
c0147699_15495781.jpg
そのトゲトサカの根元。
でか過ぎです。^^;
写真じゃ、分からないかぁ...。
もう、海の中でそびえたってる、っていうくらいでっかいんです。
何か大きさが分かるものと比較写真撮れば良かったなぁ。
こう見えてもソフトコーラル(骨格をもたないイソギンチャクみたいなサンゴ)なんですよね。
あ、違った?


そして今回のハッピーサプライズ。
何だかわかるでしょうか..。
c0147699_1550864.jpg
船の前方に、ハシイルカ ハセイルカの群れがやってきました♪
ダイビング最後の方は、水温がめちゃ冷たくて(水温18度)口々に「寒かったねー!」という話になってましたが、イルカがやってきた瞬間、寒さはどっかいっちゃいました。^^
キャッシュな私たち...。

群れは50頭くらいなんじゃないか、との事でしたが、本当に私たちが乗った船の周囲をぱんぱん跳ねて...写真が撮れない方がどうかしてる、っていうくらいだったのですが。^^;
「奇跡的に何も写ってないんですよねー(笑)」と言われてしまいました。...orz
そういう奇跡は何度でも起こるもんなんですっ。(-"-;

言われっぱなしも何なんで、カメラも私も一応がんばってみた。
コンデジの意地みせましょう。
c0147699_15502393.jpg

c0147699_15574164.jpg

実はこの日、お誕生日でした。^^
思いがけない錦江湾からのプレゼントで、最高のダイビング。寒かったけど。
出来れば今度は水中で彼らと出会いたいものです。^^

え..と。
次回も海ネタです!




海に持っていったら女性陣に大人気だった生姜のシロップ漬けレシピ。


生姜そのものも美味しいんですけど、シロップは薄めると生姜の辛みがぴりっと効いた「オトナの冷やしあめ」って感じでとっても美味しいです。
これからの暑い季節、オススメ♪
ダイバー仲間もこっそり見てくれてるようなので、レシピ載せときます。^^

■材料
生姜(新生姜の方がいいかも)----適宜
グラニュー糖---------------------生姜(皮をむいた後)と同量
水--------------------------------生姜(皮をむいた後)の半分
※シロップで紅茶やソーダを割ることを前提にしてるので、ちょっと甘めに出来上がります。


1.生姜の皮をざくざく剥きます。

2.5mmくらい(結構ぶあついです)にスライス。

3.鍋に生姜のスライスを放りこんで、グラニュー糖をまぶします。

>>20分~30分ほど放置。

4.グラニュー糖の半分の量の水を足して(お好みで)30分~40分、煮込みます。

沸騰したら、弱火でいいですよ。^^

粗熱が取れるまで、鍋にそっとしておくと生姜にも味が染み込んで美味。

粗熱が取れたら冷蔵庫で保存してくださいね。

世間様では、シナモンやカルダモン、レモン果汁などを入れるのが一般的なようですが、すっきり生姜の風味を残したかったのであえてスパイスは入れてません。
お好みでどうぞ。^^

ちなみに「きび糖」や「黒砂糖」を使うと、コクのある甘味になり、色目も「冷やしあめ」みたいになります。
ちなみに、生姜は「つぼ漬け」みたいになります。
[PR]
by RENtz | 2010-07-07 16:23 | ダイビング
<< 鹿児島の海・2 ご無沙汰しております! >>